WordCamp Kyoto2009に参加しました

10/17に京都のリサーチパーク(JR丹波口徒歩5分)で行われたWordCamp KyotoというWordPressのイベントに行ってきました。

参加者の大半がプログラマーやデザイナー

私は1時間ほど遅れて参加したので、会場に着いたときにはすでにいっぱい。iPhoneユーザーが多いというつぶやきは読んでいたものの、本当にいっぱいいらっしゃって驚きました。ネットブックユーザも多かったです。それと関東から参加されている方も多かった気がします。

イベントの最後の方で「WP使っている方」「プログラマーの方」「デザイナーの方」という問いかけがあり参加者が挙手で答えていたのですが、プログラマーとデザイナーの方が90%以上だったのに驚きました。

私は手を上げる機会がまったくなく(WPの経験もネットで名乗れるなにものかもないので(笑)、ただいつも参加していたブロガーズイベントやアフィリエイトの見本市などと違うタイプの人たちと一緒の会場にいられることのワクワク感を楽しんでいました。

私はWPの超初心者

ちなみに10/15に初めてWordpressをインストールしたばかりの初心者です。サイトはHTML+CSSで独学4年目、MTは3年ぐらい利用経験があります。

当日朝はWordPressについて知らない言葉だらけだったけど、キャンプが進むにつれて「テーマ(MTではテンプレ?)」「フック」などの基本的だけど自分には新しいWP知識の存在(理解はまだ)を学べました。

何を知れば良いのかわからないと時間がかかるけど、キャンプで疑問に思った言葉を後日頭から引き出してあれこれ調べるならWPの学習期間をだいぶ短縮できると思います。

wordcampkyoto2009のスライド

在宅、独学派にとって、やはりイベントの価値は大きいです。大変かもしれないけれど、イベントはこれからも続けて欲しいなぁ。

Ktai Style を使いたい

個人的には、WordPressを使ってコンテンツサイト×アフィリエイトをやりたいと思っているので、ゆりこさんの携帯プラグインWordPress Plugins/JSeries » Ktai Style (携帯対応プラグイン)のお話を聞けてよかったです。

wordcamp京都2009のスライド

MTではテンプレートとプラグインなどで各自が対応しているPCサイトの携帯サイト化ですが、WPではプラグイン「Ktai Style」があるため利用しやすい携帯サイトが作りやすくなっています。

今回は「Ktai Style」の作成者・ゆりこさん自身のお話で、記事タイトル直下にカテゴリー名+リンクを表示させるなどの携帯サイト向けユーザービリティーも改めて考えさせられ勉強になりました。

Yuriko.Net » WordCamp Kyoto 2009 コミュニティDay資料「Ktai StyleとKtai Entryで楽しいブログ生活」

直接ありがとうとお礼を言えた件

またライトニングトークでは以前からサイトを利用させてもらっていた「The blog of H.Fujimoto」fujimotoさんがお話されてちょっと感激しました。

直接ご本人に「利用しています、ありがとうございます!」といえる機会はめったにないので、これもWordCapmならではの出来事だった気がします。

独学的にはこれが気になった

The blog of H.Fujimoto : 「WordPressで学ぶPHPとMySQL」特設ページ

WordPressはみんなで作るもの

ちなみにキャンプ全体を振り返ると、耳に一番残っている言葉は「貢献」。

Wordcamp京都のスライド3

WordPressは無料ツールであることが素晴らしいのだからみんなで支えあっていこうという姿勢・雰囲気にワクワクさせられました。

私みたいな初心者、プログラムできない、デザインいまいちなどなど、どうやって貢献すれば良いのかな・・・と小さくなってしまいましたが、たとえば WordPressを使った感想をツイッターでつぶやくとか、ブログで「WordPress使ってるけど、良いよー。オススメー。」と書いてみるとかそういうことでもWordPressの普及に貢献できるはず。

自分が得意なことで貢献してください、というメッセージが異口同音でスタッフから発信されていて「レビューすることも貢献だよ」と声をかけていただいたこともあり、この記事を書くことができました。

ワードプレスの感想などもレビューしてほしいと言ってもらったので、これからも感じたことを素直に書いていきたいと思います。MTユーザーとしての疑問、PHP初心者としての疑問など、初心者・素人ならではの記事を書きたいと思います(笑。

素敵なイベントを成功させてくれたスタッフ・関係者の皆様、ありがとうございました!

関連リンク